従業員の再就職までの流れ

 再就職支援を受けた際、従業員がどういった流れで再就職先に就職するかは重要なことです。とういうのは、今後、戦略の一環として再就職支援を考えた場合、信頼できる再就職支援会社との連携は不可欠であり、その会社の実績が重要になってくるからです。

 再就職までの流れは、基本的には一般的な就職活動と内容は変わりません。応募先を考え、履歴書を作成し、応募し、面接を受け、内定をもらえれば、就職先がきまる、という流れになっています。ただし、それぞれの再就職支援会社の特徴があり、企業によっては、元の企業を退職する際の準備から手伝う会社もあれば、その再就職後のフォローをしている会社もあります。

 再就職へのプラン作成では、自分が今までどういった仕事をしてきて、これからどういった仕事をしていきたいかなどを考えます。再就職するにあたっては、今までのスキルやキャリアを活用し、何を仕事として行えるのかが重要になってきます。また、給与、勤務地、仕事内容などの条件に関しても、自分がどこを重要視するかなどを考えていかなければなりません。

 応募準備では、履歴書や職経歴書の書き方から、面接の練習まで、多岐にわたります。人材育成などに力を入れている再就職支援会社の場合は、技能向上やメンタルサポートなどさまざまなセミナーなどを開いています。そういったセミナーを活用して、自分を再確認し、求人先に自分がどういった人間であるかということを伝える準備をする必要があります。

 求人情報の確認では、再就職支援会社の求人情報の中で自分が希望する条件が叶っている企業があるかなどを確認します。また、自分が希望する条件に合った企業を再就職支援会社が営業を行い、案件を開拓してくれるという場合もあります。

 自分の希望が叶う会社が見つかれば、次は、その企業に応募し、面接をします。この辺りは一般の就職活動と同じ流れです。企業で面接を受け、内定をもらえれば、再就職先が決まります。

 こういった流れで従業員の方は再就職に向けて活動していきます。人事戦略の一つとはいえ、企業で働いていた従業員の方が、次のステップへ進む支援をするという意味で、企業の最後の責任と呼べるかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ