支援金について

 中小企業の方にとっては退職する従業員の再就職を支援してあげたいが、その予算を捻出することができない等の金銭的問題によって再就職支援を受けられない場合があります。

 そういった問題を解決するために厚生労働省から「労働移動支援助成金」という支援金が出ています。具体的な詳細は知恵袋の中に記載していますので具体的な条件などはそちらでそちらを確認していただければと思います。ここでは全体的な流れを説明させていただきます。

 まず、事業主は、経済的事情により、一つの事業所において常時雇用する労働者について1か月に30人以上の離職者を生じさせる事業規模の縮小等を行おうとするときは、最初の離職者が生じる日の1か月前までに「再就職援助計画」を作成する必要があります。その再就職援助計画を作成した後、各条件を満たし、支給申請を行えば「求職活動等支援給付金」もしくは「再就職支援給付金」を支給してもらうことができます。

 特に「再就職支援給付金」の内容は、再就職に関わる支援を職業紹介事業者に委託し、この委託に要した費用を負担した場合に助成するという内容になるので、再就職支援のサービスもこれに含まれます。

 金銭的問題で再就職支援を受けることができないと考えていたとしても、支援金を活用して再就職支援のサービスを受けることが可能になるかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ