再就職支援において注意すべきこと

 再就職支援を受けるにあたって注意すべきことが3点あります。

 一つ目はリストラした企業が再就職支援会社と法人契約によって、初めて、離職者は再就職支援を受けることができるという点です。個人で再就職支援を受けたいと考えている人は、個別で相談すれば費用を払うなどによってさサービスを受けることは可能であると考えられますが、基本的にはリストラした企業が費用を負担し、契約の元、サービスが受けられるので、今勤めている会社、もしくは、勤めていた会社に提案しなければ受けることはできません。

 二つ目は再就職先が今よりいい場合もあれば悪い場合があるということです。給料など様々な条件がありますが、再就職先によっては悪くなることはあります。また、そこまで条件が悪くないとしても、今まで大企業に務めていた方が、下請けなどの再就職先へ行った場合は状況としては劣る可能性があります。再就職するという点で、環境が激変する可能性があるということを承知してください。

 三つ目は再就職支援を受けたからといって必ずしも就職できるとは限らない点です。再就職支援があるからといっても、基本的には、自分の努力の結果、再就職することが可能になります。再就職支援はサポートでしかないということに注意して、自分がどういった会社に再就職したいのか、そのためには、どういったスキルや知識が必要なのか、を考えなければなりません。

 再就職支援といっても不十分な部分は多々存在しています。それを知ることで、再就職支援をうまく活用しつつ再就職活動が可能になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ