一般の求人との違い

 一般の転職や求人と再就職支援が異なる点は、ビジネスモデルが違う点です。一般の求人は、人材を雇用した側が仲介業者に料金を払います。そのため、一般の求人は雇用をする企業側が必要としている能力を持つ、即戦力となるような人材を採用しようとします。

 それに対し、再就職支援事業というのは、人材を放出する側、つまりリストラをする側が仲介業者(再就職支援会社)に料金を払います。ですので、雇用をする側の企業としては、低コストでキャリアを積んだ人材を受け入れることが可能になります。

 しかし、再就職支援を考えている方にとって、ここで注意すべき点は人材を放出する側の企業がお金を払うために、勤めていた企業が仲介業者(再就職支援会社)と法人契約を結ぶ必要があるという点です。再就職支援を考えている方は、自分の企業がそういった支援を行なっている企業と法人契約を結んでいるかを確認し、もし契約していない場合は、契約を結ぶことを要請する必要があります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ