再就職と転職の違い

再就職と転職の違いとして挙げられるのは、次の就職先が決まっているかどうかです。再就職とは、一度退職をして、失業期間があり、その後、再び就職するという形を取ります。一方で転職は、在職中に次の就職先、会社が決まった状態で退職をし、職を変える、つまり企業間での移動を行うということです。

次に、転職支援を行なっている会社と再就職支援を行なっている会社との違いについてですが、それは主にフォローの違いが挙げられます。

転職支援を行なっている会社で特に有名なのが転職サイトですね。

ご覧になるとわかりますが、掲載されている内容は主に企業の求人情報です。
どういった能力を持った人材が必要で年収はどれくらいなのかなど、様々な情報が載っています。
しかし、採用が決まるまでは、自力でサイトなどから履歴書を送り企業との面接を経て採用となります。ですので、もし仮に一度退職された方でも、自分のキャリア、能力に自信があり、面接なども受けることが可能だという方は転職サイトから再就職する方は多くいらっしゃいます。

一方で再就職支援を行なっている大手の会社は、主にキャリアカウンセラーなどが拠点に在中し、面接の練習、履歴書の書き方などのキャリアプランの支援や、退職したあとに不安定になりやすい精神状態をケアするためにメンタルケアなどの様々なプログラムやカウンセリングがあります。
求職活動自体、非常に多くのパワーを必要とします。一人では不安な場合でも、キャリアコンサルタントの様な専門家と一緒ならば心強いものです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ